ベビーシッターの歴史を学ぶ

最新のベビーシッター情報まとめ

ベビーシッターが定着したのはイギリスから

ベビーシッターが定着したのはイギリスから ベビーシッターという職業が生まれたのは、イギリスのヴィクトリア朝時代からと言われています。
当時の富裕家庭では乳幼児の育児を若い女性が行い、チャイルドナースやウェットナースとイギリスでは呼ばれていました。
看護師という意味が込められているので、看護師と区別するためにチャイルドナースやウェットナースと呼び、区別していたのです。
ウェットには、おむつの交換やミルクを与えるなど濡れたという意味が込められています。
このベビーシッターは上流家庭で若い女性が住み込みで働いており、ベビーシッターになるための特別な専門学校もイギリスにはありました。
若い女性の職業として確立された職業の1つでした。
母親に代わって乳幼児の世話をする以外にも、絵本を読んであげたり簡単な勉強やマナーなどを教えることもあったので、ある程度の教養が求められることもあります。
赤ちゃんの世話以外にも、話し相手や部屋の片づけの仕方などのしつけも行うこともあります。

ベビーシッターとナースの違い

ベビーシッターとナースの違い ベビーシッターとナースどちらを聞いても誰かをお世話する人であるというある程度のイメージはつきますが、これらの明確な違いは何であるのかわからないことがあります。
まずベビーシッターとは、両親以外で子供をお世話する人のことを言います。
仕事内容としては、親が何かしらの事情で子供の世話や保育をできないときに親の代わりをすることです。
それに対してナースとは、いわゆる看護師であり、病気で身の回りのことができない患者に世話や診療の手助けをする人のことを指します。
看護師になるために専門的な学業を学んでいるので患者のことを最もうまく扱うことのできる人になります。
よって二つの業種の違いとしては幼い子供で病気などの理由ではなく親の都合が合わないときにその子供の世話をしてあげるのがベビーシッターであり、看護師は病人の世話をする人であるため、幼い子供が病気になったときにはナースにお世話になります。
以上が二つの世話係の違いです。

Copyright © 2018 ベビーシッターの歴史を学ぶ all rights reserved.