ベビーシッターの歴史を学ぶ

子供の成長に寄り添う仕事

子供の成長に寄り添う仕事

ベビーシッターを雇える家庭はある程度経済的に豊かな家庭ということが言えますが、何かのときには子供の成長にとっても大事な役割を担っているという点も頭に入れて、活用すると良いということが言えます。
ベビーシッターの本来の役割とは異なるものになるかも知れませんが、その昔どこ家庭にも見られた、おじいさんおばあさんの役割というものがあります。
父親や母親が、子供たちに様々なことを教え、しつけるプロセスで、褒めたり叱ったりということが起こります。このとき、子供たちは幼いがゆえに完全に理解できない点や受け入れられないことが残る場合があります。それをある程度客観的に見ることができるおじいさんおばあさんは、両親とは別の教えや語り口で諭すことができ、この二つのコミュニケーションルートが子供の成長に良い回転を与えるということがあったのです。
今は核家族化で、こうした家庭が少なくなっていますので、この役割をベビーシッターに果たしてもらえると、より健全で、人の気持ちを理解できる子供に育つというわけです。

ベビーシッターにとっての喜びのポイントは?

ベビーシッターにとっての喜びのポイントは? ベビーシッターは近年広く世間に認知されてきた仕事で、親が不在になる時に、変わって赤ちゃんの世話を行います。他者の子供の世話をするというとても責任のある仕事ですが、特に資格を必要としなくても仕事はできる現状です。ベビーシッター資格もありますが国家資格ではない為、実際に働いている人でも、誇りを持ち切れないという声が多いようです。
あるニュースでは虐待や窃盗などを犯すベビーシッターもおり、真面目に仕事に取り組んでいる人たちにとっては大きな迷惑です。自分が楽しいと思えるポイントを見つけて仕事を行いましょう。やはりやりがいを感じるポイントとしては、無事に子供の世話をして、親御さんに引き渡した際に感謝の言葉を告げられた時ではないでしょうか。また、子供が物心ついてくると親しんで寄ってきてくれるようになる為、その点も嬉しいと喜びを感じる部分だと思います。その他、自分が担当した子供の成長や活躍を目の当たりにする事も、嬉しさが溢れると思います。

Copyright © 2018 ベビーシッターの歴史を学ぶ all rights reserved.